ファッション
特集 販売員特集2023 第9回 / 全31回

着物をもっと身近に感じてもらうための一工夫 「キモノ バイ ナデシコ」原宿店・吉川舞桜さん

有料会員限定記事

PROFILE: 吉川舞桜さん/「キモノ バイ ナデシコ」原宿店

吉川舞桜さん/「キモノ バイ ナデシコ」原宿店
PROFILE: (よしかわ・まお)2000年4月生まれ、大阪府出身。文化学園大学で服装社会学を専攻。そこで浮世絵や着物など和の文化に触れ、最近の着物と洋服やファッション雑貨をミックスした着こなしに憧れて、新卒で2023年4月より同店に勤務

インスタグラムを見ると、着物をカジュアルに楽しんでいる人たちがたくさんいる。「キモノ バイ ナデシコ(KIMONO by NADESHIKO)」原宿店の吉川舞桜さんもその一人。最近、休日に麻素材の黒い着物を着て、鎌倉散策を楽しんでいたら「カッコいい!」「クール!」と見ず知らずの外国人観光客から声を掛けられ、写真をたくさん撮られたという。(この記事は「WWDJAPAN」2023年11月6日号から抜粋・加筆しています)

学生時代は日本の伝統文化を専攻。就職先にやまとを選んだのもそんな縁だった。「日本の文化を残していくことをしたいと考えていたときに、『ナデシコ』が着物にシアー素材のタートルを合わせたり、帯にレザーベルトを合わせたり、オシャレで個性的な着物コーデを発信しているのを見て、ここで働きたいと思いました」

原宿店には着物に興味のある人だけでなく、原宿に遊びに来ていた若い世代、インバウンド客のほか、50〜60代の着物に慣れている方など、幅広い客層が来店する。

この続きを読むには…
残り685⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。