ファッション

「カワイイ」に次いで輸出される日本語は「カチカン」かも 「サカイ」を見て思う【エディターズレター:IN FASHION】

有料会員限定記事
※この記事は2023年03月28日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

 先週、ファッションビジネスメディア「BOF(Business of Fashion)」のポッドキャストを聴いていたら、英語の合間に突然「カチカン(価値観)」という日本語が飛び込んできました。イムラン・アメード「BoF」創設者兼CEOと、ジャーナリストのティム・ブランクスが2023-24年秋冬コレクションを振り返る対談でのこと。ティムが「サカイ」を評する際に「カチカン」という言葉を繰り返し使っていたからです。「不完全なものの美しさは、彼女のカチカンの一部である、そしてそれはとても日本的である」といったニュアンスです。

 「サカイ」の2023-24年秋冬コレクションは、たとえばジャケットの身ごろは横向き、もしくは縦向きにスラッシュされた生地を重ねることで形作られています。ブラウスは透ける素材の身頃にニット素材のボウタイを合わせています。こういった服作りの“常識”から外れたアイデアはともすると単純に「変わっている服」となります。単純に「変わっている服」を作るのはある意味簡単。「サカイ」が高評価を受けているのは「非常識」が「エレガントな服」に着地しているからです。それは「サカイ」の代名詞となった「ハイブリッド」の進化系、バランス感覚の賜物です。

この続きを読むには…
残り872⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。