ファッション
連載 齊藤孝浩の業界のミカタ

3年で売上高を1.5倍、利益を1.8倍に増やしたLVMHの無双ぶり【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.47】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回は絶好調のラグジュアリー・コングロマリット、LVMHの決算から地域別とカテゴリー別のデータをピックアップ。その特徴と強みを解説する。

 1年前に初めてLVMHの決算を取り上げましたが、今回は最新の2022年12月期決算にどんな変化があったかを見ていきます。

 前年の21年12月期は、ティファニー(TIFFANY)が加わったこと、好調なアメリカ市場によって伸びていましたが、22年12月期も売上高は前期比23.3%増の11兆円超、営業利益は同22.4%増の約3兆円。大きく伸びた前期から、さらに大幅増収増益しています。

 コロナ禍前、19年対比で見ても、3年間で売り上げは1.5倍、営業利益は1.8倍に。回復がやっとの小売業が多い中、この成長維持がまず「すごい」の一言です。

 当期躍進の最大の要因としては、ファッション&レザーグッズが相変わらず調子が良いということです。売り上げのほぼ半分を占めている同カテゴリーが同25.0%増。それから、「セフォラ(SEPHORA)」がだいぶ回復して、セレクティブ・リテーリングが伸びています。デューティーフリー(免税店)の方はいまいちでしたが、この後、中国からの旅行客数が復活すれば、大きく回復するのは間違いないでしょう。ファッション&レザーグッズに次いで2番目に売上高が大きいカテゴリーなので、ここの回復が全体に与えるインパクトは大きいです。

この続きを読むには…
残り2246⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。