ファッション

「エルメス」が東京でメンズのショー ポップな最新スタイルの賀来賢人や町田啓太、ジェシーがモデル

 「エルメス(HERMES)」は3月25日、東京で2023年春夏メンズ・コレクションのファッションショーを中核とするイベント「スプラッシュ 東京」を開催した。

 2023年春夏メンズのファッションショーは、昨年6月にパリで発表したコレクションを再構成しただけでなく、「スプラッシュ 東京」ならではのスタイルを追加。夏の日差しを浴びたり反射したりの情景を想起させる明るいカラーパレットのスポーツウエアに、ダークなブラウンを主体とするチェック柄のジャケットやショートパンツを加え、年齢や志向を問わず、幅広い男性が楽しめるバリエーション豊かなラインアップを提案した。ランウエイと同じ格子柄の開襟シャツにはリラ色のサマーブルゾンを合わせ、ネオプレンのようなテクニカル素材を使ったスポーツサンダルやスニーカーをコーディネート。一方、ジャケットのチェック柄は開襟シャツ同様、水の中で歪んでいるような“ウォーターエフェクト”モチーフ。こちらはダークブラウンなどの大人っぽいカラーパレット。レザーのグルカサンダルを合わせて、リラックスムードのドレスアップを打ち出す。終盤は、バブルガムピンクやメロングリーンなどの鮮やかなカラーをテクニカルファブリックの“トワル・ペルランゴ”にのせて、軽やかなウインドブレーカーやバケットハットなどに仕上げた。タツノオトシゴなどの海洋生物のモチーフとカラフルな色彩は、ビッグバッグにも健在。当日は曇天で肌寒かったからこそ、一日も早い夏の到来を期待させた。


「エルメス」のイベント「スプラッシュ 東京」から

 ファッションショーには、東京ならではのセレブリティーを起用した。俳優の賀来賢人や町田啓太のほか、SixTONESのジェシーも登場。プロサーファーの平原颯馬や競泳の入江陵介と松田丈志は、「スプラッシュ 東京」らしい人選だ。メンズのアーティスティック・ディレクターを務めるヴェロニク・ニシャニアン(Veronique Nichanian)は、真っ赤なGジャン風のスエードブルゾンでフィナーレに登場。ゲストの拍手に応えるように何度も手を振って、ファッションショーは大歓声の中で終了した。

 ショーが終わると、700発の花火が打ち上がり、パーティータイムが始まった。グラフィックアーティストでアートディレクターのYOSHIROTTENが手がけた会場は、ファッションショーのオプティミスティック(楽観的)なカラーパレットのネオンサインが眩しい空間。ダンサーも登場したライブパフォーマンスのほか、オリジナル・ラブの田島貴男のライブパフォーマンスで会場は夜遅くまで盛り上がった。


「エルメス」のイベント「スプラッシュ 東京」から

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。