ファッション

ジェレミー・スコットが「モスキーノ」のクリエイティブ・ディレクターを退任

 ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)は、10年間務めてきた「モスキーノ(MOSCHINO)」のクリエイティブ・ディレクターを退任する。2月のミラノ・ファッション・ウイークで披露した2023-24年秋冬シーズンが最後のコレクションとなった。

「モスキーノ」の親会社であるアエッフェ(AEFFE)のマッシモ・フェレッティ(Massimo Ferretti)=エグゼクティブ・チェアマンは、「ジェレミー・スコットというクリエイティブな才能と仕事をする機会に恵まれたことを幸運に思う」とコメント。「(創業者の)フランコ・モスキーノ(Franco Moschino)のレガシーを受け継ぐブランドのために10年間尽力し、モスキーノの歴史と共にある明確かつ喜びに満ちたビジョンを先導してくれた彼に感謝したい」と話す。

 一方、スコットは「モスキーノ」での在任期間を 「クリエイティビティーと想像力をたたえる素晴らしい時間」と表現。「私が(『モスキーノ』)に残すレガシーをとても誇りに思う」とし、フェレッティと世界中のファンに向けて感謝の言葉を述べた。

 彼は、創業者のバトンを受け継ぎ長年ブランドを手掛けてきたロッセラ・ヤルディーニ(Rossella Jardini)=クリエイティブ・ディレクターを後任として、13年10月に就任。創業者の毒舌的なユーモアとアイロニック(皮肉)な精神を巧みに表現したポップで遊び心あふれるデザインで、ケイティ・ペリー(Katy Perry)やグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)ら、多くのアーティストやセレブリティーからも支持を集めてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。