ビューティ
連載 齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン

齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン 国力は経済よりも、むしろ「文化」が作る? 日本は圧倒的な美意識を覚醒すべきとき!

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」には美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事はWWDJAPAN2022年10月24日号からの抜粋です)

 5年以内にGDPで日本は韓国に抜かれるという。いやすでに平均給与では年間で50万円も負けている。まさか経済でも……と、少なからずショックを受けた人もいるはずだ。それもエンタメの世界で今や韓国は最も重要な国。Kポップでも韓国映画でも世界を席巻した上に、あの「イカゲーム」がTVドラマでも世界一となった。米国TV界“最高の栄誉”エミー賞を非英語作品初にして最優秀男優賞など6冠も獲得。勢いがあるとはいえ、あまりにもあっけなく世界的快挙を成し遂げている。

 説明するまでもなく、韓国は常に全身全霊をささげ、極めて仕事が早い人が多く、自分の失敗も相手の失敗も許さない過酷な競争社会であることを私たちは知っている。ただそうなる要因はもう一つ、以前から韓国では有識者のこうした主張が目についた。それは、「経済よりも文化を誇れる方が、むしろ国が強くなる」という提言。つまり昨今、その通りにことが進んでいるということになる。

この続きを読むには…
残り1004⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。