ファッション

「ナイキ」の400粒の“ダイヤモンドシューズ”を履いたセリーナ・ウィリアムズが「全米オープンテニス2022」で快進撃

 セリーナ・ウィリアムズ(40歳、Serena Williams)が、現在開催中の「全米オープンテニス2022」で、400粒のダイヤモンドで装飾した「ナイキ(NIKE)」のシューズを履いている。

 シューズは、ウィリアムズのブランド「セリーナ ウィリアムズ ジュエリー(SERENA WILLIAMS JEWELRY)」とのコラボで、「ナイキ」のロゴマーク“スウッシュ”もダイヤモンドで表現する。専門家によるとダイヤモンドだけでも200万円ほどの価値があるという。また、“MAMA♡”“QUEEN”と書かれた10金イエローゴールドにダイヤモンドで装飾した“デュブレ”(靴ひもに付ける飾り)も付属する。このデュブレは、「セリーナ ウィリアムズ ジュエリー」の公式オンラインストアで3590ドル(ペア、約49万5000円)で販売中だ。

 なお、ウエアはフィギュアスケートの衣装に着想を得たもので、こちらにはクリスタルを散りばめる。

 ウィリアムズのユニホームはこれまでもたびたび話題になっており、ぴたっとした黒の“キャットスーツ”がフランステニス連盟から「コート上の着衣としてふさわしくない」と禁止されたり、「ナイキ」×「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のバレエのチュチュを思わせるスコートを着用したりしてきた。

 ウィリアムズは元世界ランク1位。これまで4大大会で23勝をあげている。「全米オープンテニス2022」での引退を示唆しているが、勝利を重ねて3回戦に進んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。