ファッション

唯一無二の「ワタル トミナガ」や余韻が沁みた「シズミ」など 「WWDJAPAN」が選ぶ東コレ5日目のヒットブランド

 2023年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」(以下、東コレ)が8月29日に開幕した。9月3日までの6日間、国内外のバイヤーやジャーナリストに向けて、全49ブランドがリアルショーやオンライン形式でコレクションを披露する。

 「WWDJAPAN」は今シーズンも、総力をあげて東コレを取材。ここでは、取材班が“イケてる!面白い“と思ったブランドを毎日リポートする。5日目は「ワタル トミナガ(WATARU TOMINAGA)」「シズミ」「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」をお届け。


東コレ取材は10年目
ファッションリポーター大杉
「ワタル トミナガ(WATARU TOMINAGA)」

見どころ:東コレ5日目。初日から今日までスマッシュヒットがたくさん見られて、現場も楽しくいいムードです。東京で初の単独ショーを行った「ワタル トミナガ(WATARU TOMINAGA)」も、その気分をさらに高める素晴らしいショーを披露しました。デザイナーの富永航はファッションプリントやファインアートを学び、すでに「マリメッコ(MARIMEKKO)」や「プチバトー(PETIT BATEAU)」とのコラボ実績があります。ブランドの強みは、オリジナルのプリントデザイン。今季はネオンカラーが中心で、ポップで、サイケデリックで、Y2Kの雰囲気も漂っていました。ファーストルックは、花をフォトプリントしたシャツとパンツに、ペンギンを乗せたネオンオレンジのチェック柄のジャケット。アイテムはワイシャツやTシャツなど、ストリートスタイルが基調で、「コウタ オクダ(KOTA OKUDA)」とのコラボアクセサリーや、ヘアメイクアーティストの河野富広によるカラフルなウィッグ、「リトゥンアフターワーズ(WRITTENAFTERWARDS)」の山縣良和が担当したというぬいぐるみなどのプロップもアイキャッチで、全体のルックを引き立てていました。日本でプリントを強みにするデザイナーといえば「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」の皆川明さん。オリジナルのテキスタイルで数々の企業とコラボを行なっており、花や動物など自然などをモチーフにしたナチュラルなテイストで根強い人気を誇っています。一方の「ワタル トミナガ」はポップで、ストリートらしい独特な世界観を持ち合わせています。この唯一無二のテキスタイルを使ったアイテムは、ファッションはもちろん、それ以外でも(雑貨やインテリアなど)いろんな発展性があるはず。コロナ禍の2021-22年秋冬には、パリ・ファッション・ウイークの公式スケジュールで動画発表も行っており、小さいブランドながらも積極的なチャレンジ精神のあるブランドです。国内外でも活躍が期待でき、素直に「今後もショーが見たい!」と思いました。


東コレ初参加
ソーシャルエディター津田
「シズミ(沈み|SHIZUMI)」

見どころ:「シズミ(沈み|SHIZUMI)」は、弟・伊豆味俊と兄・伊豆味大作の兄弟が手掛けるブランド。2017年の設立以降、初となるショーを開催しました。コンセプトは「あなたが着ることで完成するアート」。洋服は一枚一枚全て手作りで制作されており、人々の感情を表すような独自のペイントが印象的でした。各ピースには「片隅のささやき(黒)」や「夜がささやく」などのタイトルが付けられており、作品へのこだわりを感じます。ショーは“夜の扉“をテーマに3部作で構成。第1部では黒を基調としたピースで「眠れぬ夜」を表現し、第2部から弟3部にかけて徐々に白のピースが増えていきます。これは「眠れぬ夜を過ごし、気付いたら陽が昇り朝を迎えてしまう」という、誰もが経験したことがある情景を描いています。ショーの後に各ピースのタイトルの意味を考察したくなるような、余韻が残る東コレデビューでした。


東コレ取材5シーズン目
編集部 美濃島
「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」

見どころ:「サポートサーフェス(SUPPORT SURFACE)」
コロナ禍に入り、ムービーでのコレクション発表を続けていた「サポートサーフェス」が、2年ぶりにランウエイショーを開催。「服の表現方法が多様化したからこそ、シンプルな会場で、シンプルな服を見せたかった」と研壁宣男デザイナーが語った通り、ディテールをそぎ落としつつ、肩や袖、ヨークなど、一部を立体的に見せるパターンワークや身頃のツイストなど、ベーシックだけど印象に残るウエアがそろいました。トレンドの肌見せを嫌味なく取り入れられる透け感のあるニットや、カジュアルなムードを備えた光沢感のあるリネンのジャケットとパンツは、若い女性にも支持されそう。会場には同ブランドを着用した女性も多く、ショー後には興奮気味に感想を語り合っていて、ブランドへのただならぬ愛を感じました。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。