ファッション

「フェティコ」堂々の初舞台、新章を迎えた「エズミ」の覚悟 「WWDJAPAN」が選ぶ東コレ初日のヒットブランド

 2023年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」(以下、東コレ)が8月29日に開幕した。9月3日までの6日間、国内外のバイヤーやジャーナリストに向けて、全49ブランドがリアルショーやオンライン形式でコレクションを披露する。

 「WWDJAPAN」は今シーズンも、総力をあげて東コレを取材。ここでは、取材班が“イケてる!面白い“と思ったブランドを毎日リポートする。1日目は「フェティコ」「エズミ」「ケイイチロウセンス」をお届け。


東コレ取材5シーズン目
編集部 美濃島
「ケイイチロウセンス(KEIICHIROSENSE)」

見どころ:由利佳一郎デザイナーによる「ケイイチロウセンス(KEIICHIROSENSE)」が東コレにカムバック!表参道ヒルズのイベントスペース「スペースオー」でプレゼンテーションを行いました。同ブランドは、身にまとうバッグ=“WEARBAG”を軸にした独自のコレクションを提案しており、今シーズンはガジェット感溢れるバッグをメインに、水でできた皮膚をイメージしたオリジナルオーガンジー“ウォータスキン”や、恐竜の化石のレプリカに着想したボディースーツなどを合わせ、ユニークなスタイルを構築しました。水の気泡のズームアップ映像など、それぞれのスタイルを際立たせる大迫力の3D映像は、ビジュアルデザインスタジオ「WOW」との協業。王道だけでなく、独自路線を行くブランドの世界観を堪能できるのも、東コレの醍醐味ですね。


東コレ初参加
ソーシャルエディター浅野
「フェティコ(FETICO)」

見どころ:ブランド初のランウエイショーで東コレのオープニングを飾った舟山瑛美による「フェティコ(FETICO)」は、1970年代の作家や女優として活動した鈴木いづみから着想を得たコレクションを発表しました。メッシュやチュールなど透け感のある素材のドレスや大胆なカットのトップスなど、ブランドらしいボディーコンシャスなウエアに対し、ヘアメイクは非常にシンプル&ミニマルな仕上がり。その対比がモデルたちの個性や美しさをより一層引き立てます。女性の造形美を讃え、個々が持つ美しさを引き出すという今回のコレクションに込めた思いが感じられました。凝った演出こそないものの、それさえもコレクションを構成する要素だと思えるような王道のランウェイは、ブランドの存在感を堂々と示しました。


東コレ取材は10年目
ファッションリポーター大杉
「エズミ(EZUMI)」

見どころ:「エズミ(EZUMI)」が6年ぶりに東コレに帰ってきました!ショー自体も3年ぶり。これまで建築に着想を得た構築的なクリエイションを見せてきましたが、今季は大きく方向転換。江角泰俊デザイナーが英セント・マーチン美術大学の学生時代に題材にした、ビクトリア朝のファッションを今一度インスピレーション源にして、現代流にアレンジしています。いわば原点回帰。ブランドが得意とするジャケットやトレンチなどのテーラードアイテムにコルセットを融合したり、スカートにはボーンを入れたりと、女性のシルエットを強調するエレガントなデザインです。色もブラックやグレーを基調にしていてとてもシック。甘すぎず、リアリティーがあり、大人の女性が美しく着こなせるのではないでしょうか。会場は東京駅側の商業施設キッテ(KITTE)内の博物館であるインターメディアテク。クジラやキリンなどの大型動物の骨格標本や、鉱物やはく製のコレクションが並ぶ同施設でのショーは、クラシカルなコレクションともぴったり。江角デザイナーの覚悟と挑戦への思いが伝わりました。新章を迎えた「エズミ」、好印象です!

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。