ファッション

日本神話を感じる「アヤーム」、タイ人デザイナーの「アブランクページ」など初ランウエイ勢に注目 「WWDJAPAN」が選ぶ東コレ3日目のヒットブランド

 2023年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO)」(以下、東コレ)が8月29日に開幕した。9月3日までの6日間、国内外のバイヤーやジャーナリストに向けて、全49ブランドがリアルショーやオンライン形式でコレクションを披露する。

 「WWDJAPAN」は今シーズンも、総力をあげて東コレを取材。ここでは、取材班が“イケてる!面白い“と思ったブランドを毎日リポートする。3日目は「アヤーム」「アブランクページ」「ゲンザイ」をお届け。


東コレ取材は10年目
ファッションリポーター大杉
アヤーム(AYAME)

見どころ:竹島綾による「アヤーム(AYAME)」がブランド初のショーを披露しました。竹島デザイナーは英セント・マーチン美術大学のファッションニットウェア科を主席で卒業。在学中にはパリへ渡り、「コシェ(KOCHE)」やシャネル(CHANEL)傘下のクチュールアトリエであるメゾンルマリエで経験も積んでいます。5年前の帰国とともにブランドをスタートさせ、展示会とルックブックの公開を中心にコツコツとブランドを続けてきました。シーズンを休止した期間もありましたが、昨年、映像発表で東コレに初参加。今季、いよいよ念願のショーを開催するフェーズに。青い光に照らされたランウエイは、日本神話に登場する洞窟である天岩戸をイメージしたそう。登場したカットジャカードのフリンジやチュールなど、歩くとふんわりと揺れるトップスをまとったモデルたちは、まるで天女のようでした。またメンズモデルも、ギャザーでボリュームのあるピンクのドレスを着用し、ジェンダーも超越します。今季は「ゆだねる強さ」をテーマに「暗闇から這い上がり、前向きに進む」と竹島デザイナー。ポジティブなムードとともに、やさしさと強さが感じられるショーでした。


東コレ取材5シーズン目
編集部 美濃島
アブランクページ(ABLANKPAGE)

見どころ:タイ人のラロパイブン・プワデト(Larprojpaiboon Phoovadej)デザイナーによる「アブランクページ」が東コレ初参加。原宿ファッションに引かれて、奨学金制度を利用して来日したデザイナーは、ドレスメーカー学院と文化ファッション大学院大学、ここのがっこうで服作りを学び、2022-23年秋冬シーズンにブランドを本格始動しました。同ブランドが初の東コレで掲げたテーマは、ステレオタイプならぬ“STEREOTHAI(ステレオタイ)“。序盤は、タイの街並みに着想したネオンカラーや、現地のテキスタイルで表現したタイの文字などで、自身のアイデンディティーを詰め込みます。そこから徐々に色を削ぎ、最後は白のスタイルを打ち出して、偏見を持たず“本来の自分を見て欲しい“という思いを表現しました。ウエアは生地をたっぷりと使い、ドローコードやギャザーでシェイプを変えるテクニックが目立ち、着る人の性別・体形を問いません。メッセージがまっすぐ伝わってくるショーで、これからの活躍が楽しみになりました。


東コレ初取材
ソーシャルエディター津田
「ゲンザイ(GENZAI)」

見どころ:アートディレクターとしても有名な永戸鉄也デザイナーとyutoriが手掛けるストリートファッションブランド「ゲンザイ(GENZAI)」が、初めてのショーを代々木第二体育館で開催しました。昨年からSNSを中心に話題を集めているブランドです。ショーのスタートと同時にラッパー・アーティストのHideyoshi(ヒデヨシ)さんが登場。次に、周りをモデルたちが円を描くように囲み、最後は大勢のダンサーが姿を現しました。その光景は、ランウエイショーというよりも音楽ライブの雰囲気で、服と音楽、そして体をたっぷりと使ったプレゼンテーションでした。コレクションは、オーバーサイズのジーンズや、同コレクションのテーマである“DYSTOPIA”の文字が背中にプリントされたフーディーなど、ストリート感の強いウエアが多出。個性溢れるモデルとも好相性な雰囲気です。モデルたちは登場してから最後まで一歩も動かないという斬新すぎる演出で、「普通のショーはやらない」という反骨心も強く感じました!まだまだ成長しそうな同ブランドのこれからが楽しみです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。