ニュース

セリーナ・ウィリアムズがダイバーシティーを意識したショッパブルビデオを開始

 テニス界のスター、セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)はベライゾンメディア(Verizon Media)、ヤフーショッピングと提携し、自身のコンテンツシリーズ「エブリバディー、エブリ バディー(Everybody Every Body)」を開始した。動画上で直接商品を購入できるショッパブルビデオシリーズとして配信し、ダイバーシティーとインクルージョンにおけるメッセージを発信中だ。

 初回は友人とともに登場したセリーナ。自身のブランド「セリーナ バイ セリーナ・ウィリアムズ(SERENA BY SERENA WILLIAMS)」の赤のツイストフロントドレスを全員で着用して登場し、体型における自信の持ち方について、「私たちはさまざまな体型や性格、バックグラウンドを持っているけれど、誰もが好きな服を着ていると自信がみなぎり、大胆に行動できるようになると感じるの」と語った。また今回のビデオシリーズについては、「ベライゾンメディアとのパートナーシップでこのシリーズを継続していく中で、人々の声に耳を傾け、彼らの偉大さを守ることで、より多くの人々にリーチしインスパイアできると信じているわ」と述べた。

 初回のコンテンツでは、今年9月にニューヨーク・ファッション・ウイークでデビューした「セリーナ バイ セリーナ・ウィリアムズ」の19年秋コレクションを取り上げ、スタイルガイドとコレクションのお気に入りルックを紹介している。ビデオシリーズは2月まで配信予定だ。

 ウィリアムズが自身の名前を冠した同ブランドを立ち上げたのは2018年。09年から17年まではHSNと提携してアパレルラインを製作していた。現在はナイキと新進気鋭のデザイナーとのコラボレーションも決定しており、アパレルとフットウエアが来秋発売予定だ。