ファッション

「ルイ・ヴィトン」2020年春夏コレクションが先行販売 ヴァージルが追求するダイバーシティーを花で表現

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は1月10日から、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターによる2020年春夏コレクションを「ルイ・ヴィトン」松屋銀座店や表参道店で先行販売する。その後、13日からは新宿店で取り扱う。一般販売は17日となる。

 ヴァージルが20年春夏コレクションにおいて大切にしたものは、本能、習慣、そして自然だという。コレクションアイテムは、ヴァージルが追求し続けているダイバーシティーを花で表現。花は、「世界に同じものが2つとない」ことから、ダイバーシティーの象徴として採用した。価格は4万3000〜103万円(一部オーダー品あり)。

 また先行販売する3店舗では、20年春夏コレクションの世界観を象徴する色鮮やかな花々で表現した「LV」のオブジェや、コレクションアイテムのカラーパレットで構成したディスプレーを設置する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら