スナップ

2019年「オスカー」レッドカーペットの話題をさらったのはタキシードドレス! “こんまり”も登場

 通称「オスカー(Oscar)」こと「第91回アカデミー賞(91st Academy Awards以下、アカデミー賞)」の授賞式が2月24日夜(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアター(Dolby Theatre)で開催された。

 レッドカーペットの話題をさらったのは、「クリスチャン・シリアノ(CHRISTIAN SIRIANO)」の黒いベルベットのタキシードドレスをまとったビリー・ポーター(Billy Porter)だ。ドラマ「ポーズ(POSE)」に出演しているポーターはこれまでもジェンダーレスなレッドカーペットファッションで話題を呼んできた俳優。1月の「ゴールデングローブ賞(GOLDEN GLOBES)」では、「ランディ ラーム(RANDI RAHM)」のクチュールのスーツにホットピンクのローブをまとって登場した。また、映画「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」で共演したラミ・マレック(Rami Malek)とルーシー・ボイントン(Lucy Boynton)はカップルでレッドカーペットに登場した。

 日本からはネットフリックス(NETFLIX)ドラマ「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~(Tidying Up with Marie Kondo)」で世界的に知れわたるようになった片づけコンサルタントの“こんまり”こと近藤麻理恵が「ジェニー・パッカム(JENNY PACKHAM)」のピンクのレースのドレスで登場。レッドカーペットデビューを果たした。映画「アクアマン」に出演したジェイソン・モモア(Jason Momoa)とその妻で女優のリサ・ボネット(Lisa Bonet)も「フェンディ(FENDI)」のピンクのスーツとドレスをペアで着用するなど、2019年の「アカデミー賞」のレッドカーペットはピンクがキーカラーだったようだ。