ファッション

ティファニー本社社長への冷や汗プレゼン:見果てぬ街づくりvol.5

有料会員限定記事

 丸の内のショッピングストリート計画のキモとなったのは、高級ブランドの新規誘致だった。今回は「ティファニー」の出店に関する裏話を紹介しよう。(この記事はWWDジャパン2022年8月22日号からの抜粋です)

 2004年9月竣工の「丸の内マイプラザ」の商業リーシングを担当した。重要文化財の明治生命館(1934年竣工)の隣に、地上30階の明治安田生命ビルを建設した新しい街区である。オーナーである明治安田生命からは、格式のある本社ビルの1・2階であり、仲通りと馬場先通りの角地にふさわしい“ブランド”を誘致するよう厳命が下った。

 「ボッテガ・ヴェネタ」や「マルタン マルジェラ」など、いくつか候補を出したが、先方はそんなブランドは知らないという。何が“ブランド”なのかを聞いても答えてはくれない。「では『ティファニー』とか『バーバリー』は?」と尋ねると、「それそれ」という。

 そんな流れで「ティファニー」との交渉を始める。当時、ティファニーの日本法人の社長だった新田克彦さん、ルイ・ヴィトンからティファニー日本法人のヴァイスプレジデントに転じた得能摩利子さんと協議を重ねた結果、前向きな返答をいただく。最後は米国本社のジェームズ・クイン社長が来日し、現場を視察して決定する運びになった。

この続きを読むには…
残り1217⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。