ファッション
連載 見果てぬ街づくり

下北沢の「ミカン下北」 未完成の可能性:見果てぬ街づくりvol.13

有料会員限定記事

 いまZ世代の支持を最も集めている街の一つが、東京・下北沢である。安田氏は下北沢に今年開業した商業施設のプロデュースを担当した。どんな考えで臨んだのか。(この記事はWWDジャパン2022年12月19日号からの抜粋です)

 東京・下北沢に3月30日オープンした商業施設「ミカン下北」のプロデュースを手掛けた。京王井の頭線の高架下を中心とした区画に、飲食や書店、シェアオフィス、世田谷区が運営する図書館カウンターなどを集積。飲食や物販だけでなく、働く人や住む人が日常的に利用できる施設となった。

 館の中だけで完結するのではなく、高架横の道路に対して、オープンに店舗や出入り口を配置することで、街と融合し回遊できる動線を作った。開業から9カ月過ぎた今も多くの人で賑わっている。

 足かけ4年のプロジェクトで掲げた開発ビジョンは、進化(evolution)、深化(deeper)、真価(value)の「3つのシンカ」。進化と深化で下北沢にしかできないオンリーワンを作る。そして開発者の京王電鉄とともに、一番大事にしたのは真価だった。商業の再開発では、収支上どうしても建築コストを抑えようとする。必然的に同じような仕様やデザインになっていく。そして売れ筋のテナント、つまり賃料負担ができるテナントを呼ぼうとするため、同じような街並みと施設にならざるを得ない。人気あるテナント側からすれば、全国から出店依頼が来る、つまり引く手あまたになるので、借り手市場になる。結局デベロッパーはリーシングに苦戦し、家賃も最初の想定を下回る。もっとひどい場合はリースアップできない事態になる。

この続きを読むには…
残り1049⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。