ファッション

「スノーピーク丸の内」がリニューアル カフェや予約窓口を備えた“野遊びの始発点”

 スノーピークは、東京駅前の商業施設「キッテ(KITTE)」に構えていた直営店「スノーピーク 丸の内(Snow Peak Marunouchi)」を「スノーピーク ランドステーション東京(Snow Peak LAND STATION TOKYO)」としてリニューアルオープンした。店舗面積を従来よりも約3倍となる487平方メートルに増床し、同社のギアやアパレルに加えて、地方からセレクトした食品や工芸品まで幅広いアイテムを扱う。カフェスペースも併設し、素材にこだわったオリジナルメニューを提供するほか、キャンプフィールドの予約といったアクティビティーの窓口機能も備える。

 「ランドステーション」は、地方の産業や文化とユーザーをつなげることを目指した業態で、これまでに長野・白馬や京都・嵐山、東京・原宿に出店してきた。4店舗目となる同店のテーマは“野遊びの始発点”。キャンプに興味のあるユーザーはもちろん、アパレルやフード、地方産業など、複数の角度から野遊びの価値を伝える。

 物販では、ブランド定番の焚き火台やテーブル、カセットコンロ、ライトなどのギアを用意する。ゆったりとした空間を生かしたテントの展示販売も行う。アパレルは通常ラインに加えて、インドのシルクや泥染めなど、素材と加工にこだわった「ヤマイ(YAMAI)」と、日本の伝統的な作業着をベースに地場の作り手と協業するライン“ローカルウェア(LOCAL WEAR)”も扱う。

 野遊びの窓口として、全国のキャンプフィールドを4カ月前から予約できる専用タブレットを設置する。通常予約は3カ月前からのため、店舗では先行してプランが立てられる。店舗スタッフはユーザーの興味・関心からおすすめスポットをアドバイスするほか、プランに応じた商品提案も行う。さらに、東京駅を出発点としたバスツアーも不定期で企画し、ツアー告知や説明、参加受付も行う予定だ。

 カフェスペースでは、北海道産の経産牛やエゾシカを使った3種のカレー(1280〜1480円税込、以下同)と、白馬で作られたソーセージを用いたホットドッグ(800円)を提供する。出張者やビジネスマンが多い立地のため、平日は窓側の席をコワーキングスペースとして活用。事前の会員登録などは不要で、90分1500円、120分1800円で利用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら