ファッション

「ハーパーズ バザー」の塚本香編集長が退任 後任は「エル・ガール」の小栗裕子

 ハースト婦人画報社は、2022年1月1日付で「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」の新編集長に小栗裕子が就任すると発表した。同誌を約7年間率いてきた塚本香編集長は退任し、編集者として第一線を退くことを表明している。

 新編集長となる小栗は2011年にハースト婦人画報社に入社し、日本版「ハーパーズ バザー」の創刊や「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」のファッション エディターを経て、19年からデジタルメディア「エル・ガール(ELLE GIRL)」コンテンツ・マネジャーと編集長を歴任。インフルエンサーコミュティやオンラインサロンを立ち上げた。編集長就任にあたり「まず注力するのは、デジタル領域でのブランドバリューの最大化。『ハーパーズ バザー デジタル』およびSNS全般を“働く女性のための社会派ラグジュアリーメディア”とし“質×量×視点”の特性を武器に、多様化するニーズにスピーディーに応えていきます」とコメントした。さらに雑誌のローカライズブランディングの刷新や、コミュニティづくりなども強化ポイントに掲げ、「みなさんと共にチャレンジするメディアとして、注目ください」としている。

 年内で退任する塚本香編集長は、「40年におよぶ編集者生活に一度区切りをつけ、人生の第2章へ向かって一歩を踏み出すことにしました。『ヴォーグ ジャパン』『フィガロ ジャポン』『エル・ジャポン』で歩んできたキャリアを、歴史ある『ハーパーズ バザー』の編集長として終えることができたのは光栄です。小栗は次世代向けメディアとして『エル・ガール』を成功に導くなど、ファッションとデジタルにおいて幅広い経験を持っています。『ハーパーズ バザー』の次なるステージにぜひご期待ください」と綴っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら