ファッション

「GQ ジャパン」の鈴木正文編集長が退任 新たな編集トップに新堀哲

 コンデナスト・ジャパンは、「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」に新設した編集トップの役職ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテントに、新堀哲(にいぼりさとし)が就任したことを発表した。同誌の鈴木正文編集長は25日発売の2022年1・2月号をもって退任する。

 新たな役職はコンデナストのグローバルでの編集体制の刷新により新設したポジションで、新堀は「GQ」のアダム・バイダウィ(Adam Baidawi)=デピュティ・グローバル・エディトリアル・ディレクター直属のもと、「GQ ジャパン」の誌面やデジタル、ソーシャル、動画などの全ての編集コンテンツを統括する。

 新堀は2003年にニューヨークのセレクトショップに勤務後、自身のブランド立ち上げのほか、米ブランドの日本市場参入へのアドバイザーやコンサルタントを務めた。08年にはヨーロッパに拠点を移してマーケティングやブランディングに幅広く携わり、10年に帰国後は国内を拠点に活動している。同氏は「『GQ』の歴史の中で非常に重要なこのタイミングに、『GQ ジャパン』とグローバル『GQ』チームにジョインできることをとてもうれしく、光栄に思っています。日本と世界のかけ橋となり、私のこれまでのユニークで幅広い経験や革新的なアイディアを活用し、多様性をもたらす一役を担うことにとても興奮しています」とコメントした。

 また「GQ ジャパン」を約10年間率いてきた鈴木編集長は、同誌のコラムで「2012年1月発売号から毎号書いてきた『Editor’s Letter』を僕が書くのは、これが最後である。というのも、この号をもって僕は『GQ ジャパン』編集長としての仕事を終えるからだ。来年の2月1日に発売される次号からは、世界21の国と地域で発行されているGQ各誌との連携をいっそう強めて、装いもあらたな『GQ ジャパン』に生まれ変わる。期待していただきたい。そして、これまでのご愛読に感謝を申し上げる」と綴っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。