ファッション

「GQ ジャパン」が年12回から10回発行へ 一方でデジタル強化

 コンデナスト・ジャパンが発行する「GQ ジャパン(GQ JAPAN)」は、雑誌の発行回数を年12回から10回に変更する。

 11月24日発売の2018年1月号を同2月号との合併号とし、次いで18年5月24日発売の7月号を同年8月号との合併号とする。加えて誌面では、これまで全体の10%程度だった海外版からのリフト記事(転用記事)を20%程度まで引きあげる予定だ。

 一方で、デジタルは強化。雑誌の編集者が今まで以上にデジタル業務に取り組むほか、デジタルに関する編集部は人材も強化する。

 コンデナスト・ジャパンは、「現代はアナログとデジタルが並存する時代。アナログにせよデジタルにせよ、どちらもが『GQ ジャパン』。アナログとデジタルの二重化は、より豊かな情報世界を開き、自由な生活のより豊かな可能性を提示する」としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら