ビジネス

コンデナストが国内旅行をプロデュース エクスペリサスと業務提携

 コンデナスト・ジャパンはこのほど、コンシューマー向けの国内旅行事業の「BtoC向け旅行プランの販売」と、広告クライアントに向けて提案する「BtoB向けイベント開発」の2つの分野で、コンテンツ企画などを手掛けるエクスペリサスと業務提携したことを発表した。

 国内旅行事業ではエクスペリサスの企画力と、コンデナスト・ジャパンのもつブランドアセット、編集力、会員基盤をかけあわせ、コロナ禍における安心・安全へのニーズに応えた旅行体験を提供していく。

 第1弾としてコンデナスト・ジャパンが保有するブランドの一つ「GQ JAPAN」にてIDメンバー限定の「GQ プレミアム エクスペリエンス-トラベル(GQ Premium Experience-Travel)」と題した国内旅行企画をスタートさせた。富山で1泊2日の二人旅が楽しめる「トヤマ グルマン ツアー(TOYAMA GROUMAND TOUR)」の販売を10月15日から開始した。有名建築家や作家が手掛けた空間や器といった富山の魅力を堪能できる内容になっている。旅行代金は52万円と、松濤庵でのお点前体験付きの53万2000円の2パターンを用意した。

 コンデナスト・ジャパンは2020年8月に「コンシューマビジネスデべロップメント」部署を設立。今後もコンシューマービジネスに力を入れていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら