ファッション

伊「ヴォーグ」9月号は100人100通りの表紙

 広告のため1年の中で最も分厚くなり表紙も各雑誌が力を入れる9月号、通称“セプテンバーイシュー”でイタリア版「ヴォーグ(VOGUE)」は、さまざまな年齢、ルーツ、ライフスタイルを持つ人物100人を表紙に起用した。同誌史上初めての取り組みで、多様性と包括性のメッセージを伝えている。また表紙に登場した人物はそれぞれ、イタリア版「ヴォーグ」公式インスタグラム(@vogueitalia)で自身のライフストーリーを語った60秒の動画を公開している。

 誌面では、劇作家ジェレミー・O・ハリス(Jeremy O. Harris)が書いたテキストを添えた、写真家タイラー・ミッチェル(Tyler Mitchell)によるBLM(Black Lives Matter=黒人の命は大切)運動に捧げるマニフェストが特集されている。さらに映画監督のマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)とは、同氏が手掛けたジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)のドキュメンタリー「Made in Milan」の公開30周年を祝うインタビューも掲載している。

 表紙を飾るのはモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、パット・クリーブランド(Pat Cleveland)、ドナ・ジョーダン(Donna Jordan)や、売れっ子モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、イリーナ・シェイク(Irina Shayk)、アレック・ウェック(Alek Wek)ら。

 ほかにもモデルで活動家もあるベサン・ハーディソン(Bethann Hardison)や初めてヒジャブでランウエイを歩いたウグバッド・アブディ(Ugbad Abdi)、プラスサイズモデルのプレシャス・リー(Precious Lee)、「#MeToo」運動のキーパーソンであるキャメロン・ラッセル(Cameron Russell)とトリッシュ・ゴフ(Trish Goff)も登場する。

 さらに社会的発信を続けるエミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)やパロマ・エルセッサー(Paloma Elsesser)、LGBTQ+の権利啓発に力を入れるトランスジェンダーかつノンバイナリーモデルのインディア・ムーア(Indya Moore)や、エイジェンダー(無性)を自認するジュノ・ミッチェル(Juno Mitchell)らも起用。国際的な活動家や作家、写真家、アーティストなど幅広い人物が登場している。

 同誌のエマニュエル・ファルネティ(Emanuele Farneti)編集長は、「100枚の異なる表紙を制作するのはこれが初めて。一人一人が主人公として表紙に登場し、年齢や外見、肌の色の異なる個人に捧げたものになっている。待ちわびていた層に焦点を当てたポートレートの数々だ。距離やさまざまな制約が加わった中で、フレッシュなスタートを切った」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら