ファッション

伊「ヴォーグ」9月号は100人100通りの表紙

 広告のため1年の中で最も分厚くなり表紙も各雑誌が力を入れる9月号、通称“セプテンバーイシュー”でイタリア版「ヴォーグ(VOGUE)」は、さまざまな年齢、ルーツ、ライフスタイルを持つ人物100人を表紙に起用した。同誌史上初めての取り組みで、多様性と包括性のメッセージを伝えている。また表紙に登場した人物はそれぞれ、イタリア版「ヴォーグ」公式インスタグラム(@vogueitalia)で自身のライフストーリーを語った60秒の動画を公開している。

 誌面では、劇作家ジェレミー・O・ハリス(Jeremy O. Harris)が書いたテキストを添えた、写真家タイラー・ミッチェル(Tyler Mitchell)によるBLM(Black Lives Matter=黒人の命は大切)運動に捧げるマニフェストが特集されている。さらに映画監督のマーティン・スコセッシ(Martin Scorsese)とは、同氏が手掛けたジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)のドキュメンタリー「Made in Milan」の公開30周年を祝うインタビューも掲載している。

 表紙を飾るのはモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)、パット・クリーブランド(Pat Cleveland)、ドナ・ジョーダン(Donna Jordan)や、売れっ子モデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)、イリーナ・シェイク(Irina Shayk)、アレック・ウェック(Alek Wek)ら。

 ほかにもモデルで活動家もあるベサン・ハーディソン(Bethann Hardison)や初めてヒジャブでランウエイを歩いたウグバッド・アブディ(Ugbad Abdi)、プラスサイズモデルのプレシャス・リー(Precious Lee)、「#MeToo」運動のキーパーソンであるキャメロン・ラッセル(Cameron Russell)とトリッシュ・ゴフ(Trish Goff)も登場する。

 さらに社会的発信を続けるエミリー・ラタコウスキー(Emily Ratajkowski)やパロマ・エルセッサー(Paloma Elsesser)、LGBTQ+の権利啓発に力を入れるトランスジェンダーかつノンバイナリーモデルのインディア・ムーア(Indya Moore)や、エイジェンダー(無性)を自認するジュノ・ミッチェル(Juno Mitchell)らも起用。国際的な活動家や作家、写真家、アーティストなど幅広い人物が登場している。

 同誌のエマニュエル・ファルネティ(Emanuele Farneti)編集長は、「100枚の異なる表紙を制作するのはこれが初めて。一人一人が主人公として表紙に登場し、年齢や外見、肌の色の異なる個人に捧げたものになっている。待ちわびていた層に焦点を当てたポートレートの数々だ。距離やさまざまな制約が加わった中で、フレッシュなスタートを切った」と述べた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。