ビジネス

閉鎖したエドウインの工場を豊和が継承 秋田・大館で従業員も再雇用

 ジーンズ加工の豊和(岡山県倉敷市、田代雄久社長)は、ジーンズ大手エドウインの子会社で2021年9月に閉鎖された秋田ホーセの秋北工場(秋田県大館市)を買い取り、11月15日から新たに操業する。ジーンズの縫製など中心事業を引き継ぎ、工場長以下約40人の工員も再雇用する。

 エドウインは低価格ジーンズの台頭により、販売が低迷していたところにコロナショックが直撃し、回復も見込めないとして、秋田県内にある4工場全ての閉鎖を決定していた。

 豊和は長らくエドウインの加工を請け負っており、13年にエドウインが事実上破たんした際にはスポンサーに名乗り出たこともある。豊和は9月、大館市内に子会社「オオダテソーイングファクトリー」を設立し、今後さらに従業員を県内で採用することも計画しているという。

 豊和の担当者は「WWDJAPAN」の取材に対して、「減少する一方のジーンズの生産背景を守りたいとの気持ちから決断した。ジーンズを縫製しなければ、洗いなど加工が主の当社のビジネスも成り立たない。工員を育てる手間やインフラの整備などを考えると、工場を新規で設立することも現実的ではなかった」と答えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら