ファッション

エドウイン 70年間過ごした創業地を去る

 1947年創業のジーンズ国内最大手のエドウイン(EDWIN)は22日に、創業地である日暮里の自社ビルからJR目黒駅近くのビルの2階に本社を移転する。ロゴを大きく掲げ、ジーンズに見立てた日暮里の本社ビルは、デニム業界で働く人や日暮里の住民から親しまれてきた。

 移転理由について広報担当者は、「ビルの老朽化に加え、よりファッション市場に近いエリアで社員が感性を磨き、新たなチャレンジを行うため」と答えた。現在、約400人のスタッフが3つのビルに分かれて働いているが、新本社では1フロアに集約して「社内コミュニケーションのさらなる活性を図る」という。

 JR日暮里駅近くにある都内最大級の直営店、エドウイン デニム ギャラクシー日暮里は営業を継続する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら