ファッション

ジーンズメイト渋谷店が新業態に刷新 2階には「アウトドアプロダクツ」の店舗も

 ジーンズメイトは、渋谷店を新コンセプトショップ「JEM(ジェイ・イー・エム)」として20日にリニューアルオープンする。都市型立地の新たなモデル店と位置付けられた2階建ての同店は、プライベートブランドを軸としてマルチブランド戦略をとる。

 渋谷店はセンター街に立地。1階はプライベートブランドの「B・S・T」や「フォーポイント(FORT POINT)」を中心に、「コンバース(CONVERSE)」や「チャンピオン(CHAMPION)」などの海外ブランドも取りそろえる。もともとボトムスを中心に展開していた2階は、都内初の「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」の専門店舗として生まれ変わり、主力の2業態を擁する店舗となる。

 オープンを記念したキャンペーンも実施する。店舗外観や内装、ディスプレー、展示される「アウトドアプロダクツ」の“デカリュック”の写真をツイッターやインスタグラムに投稿すると、抽選で20人に同店舗で使用できる商品券5万円分をプレゼントする。またノベルティーとして、「アウトドアプロダクツ」の商品2000円以上(税込)の購入者にミニポーチを、同ブランド公式アプリをダウンロードした人にステッカーを先着で各250人に、「チャンピオン」の商品1万円(税込)以上の購入者にフェイスタオルを先着100人にプレゼントする。

 さらにオープン記念アイテムとして「アウトドアプロダクツ」からブランドロゴと“トウキョウ”“シブヤ”ロゴがプリントされたTシャツ(各2000円)と、“東京”“渋谷”ロゴがプリントされたパーカ(各3800円)を用意。M〜XLの3サイズ展開で各4色を用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら