ファッション

ユニクロ、EC購入商品が最短2時間で店舗受け取り可能に

 ユニクロは、ECで注文してから最短2時間で店舗で商品を受け取ることができる新サービス「オーダー&ピック(ORDER & PICK)」を全国の約750の店舗で開始した。国内店舗数は2月末時点で811のため、9割以上の店舗で同サービスを受けられる。10月8日に開始した「ユニクロオンラインストア 21周年祭」に合わせて、同日にサービス開始した。

 21周年祭は11月4日まで。同サービスの認知拡大に向けて、21日までにEC購入商品の「オーダー&ピック」または「店舗受け取り」を利用した客には、実店舗とECで5000円以上購入した際に使用できる500円分のクーポンを配布している。

 21周年祭に合わせて、ほかにも「置き配」(玄関ドア前や集合住宅の宅配ボックスなど指定の場所に商品を配達するサービス)を指定した客にも500円分のクーポンを配布(10月21日まで)している。そのほかにも、ノベルティやライブ配信(10月22日、29日)など、さまざまな企画を用意している。

 ユニクロは、EC化率30%を中長期の目標として掲げている。2020年9月〜21年2月の国内ユニクロ売り上げで見ると、EC化率は約15.0%だった。「オーダー&ピック」導入で客の利便性を高めると共に、ユニクロ側にとっても自宅までの配送にかかる物流経費を抑えられるというメリットがある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら