ファッション

BLACKPINKのROSEやヘイリー・ビーバーらが「サンローラン」のバーチャルフロントローに参加

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」2021-22年秋冬コレクションが28日、バーチャルで開催された。ショー動画公開後には数々の著名人がインスタグラムにコレクションルックを着用した画像を投稿し、“バーチャルフロントロー”に顔をそろえた。BLACKPINKのROSE(ロゼ)やゾーイ・クラヴィッツ(Zoe Kravitz)、ヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)、インディア・ムーア(Indya Moore)、アビー・リー・カーショウ(Abbey Lee Kershaw)らが参加した。

 同ブランドのデニムキャンペーンにも起用されているロゼは、21年春夏コレクション発表の際にはSNSで「一緒にみよう」と投稿し、ショー動画の視聴数を大幅に増加させた影響力を持つ。今回はニットカーディガンにメタリックゴールドのスカートを合わせ、ベッドに横たわる姿を自身のインスタグラムに投稿した。ヘイリーはよりレトロなルックを選択。パープルのメタリックミニスカートと、ファージャケットに重量感のあるジュエリーを合わせた。

 アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)=クリエイティブ・ディレクターは、最新コレクションをビーチや滝など、自然を背景にした動画で公開。カナダの歌手、ピーチズ(Peaches)から着想を得たファーアイテムやメタリック素材のスカート、コスチューム・ジュエリーを手掛けた。同氏が「“オシャレ”と“ダサイ”の境界線に挑戦した」と語る同コレクションを、それぞれが着こなす様子をお届けする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら