ファッション

ユニクロに今田美桜がセレクトする「ミオクロ」が登場

 ユニクロは4月15日〜7月1日、同社による着こなし発見アプリ「StyleHint」発の企画として、女優の今田美桜さんがセレクトした「ユニクロ(UNIQLO)」商品やスタイリング実例を集めたキャンペーン、「ミオクロ」を実施する。アプリ上で今田さんの私服を交えた全30スタイリングを発信すると共に、ECにも特設ページをオープン。ユニクロ原宿店内の「StyleHint原宿」も同キャンペーン仕様になっている。

 「StyleHint」は2019年10月に公式スタート。当初、アプリ上でスタイリングや商品の検索ができたのは「ユニクロ」「ジーユー(GU)」だったが、21年からは同じファーストリテイリング傘下の「セオリー(THEORY)」「プラステ(PLST)」も参加している。今田さんは、アプリスタート時から公式キャストとしてスタイリングを投稿している。

 キャンペーンは3テーマで構成。4月15日〜5月13日の第1弾では、ワンピース10着とそれに合わせるカラーアイテムなどをセレクト。第2弾(5月14日〜6月10日)は、「ユニクロ」×「JW アンダーソン(JW ANDERSON)」などのラボアイテムを中心に構成する。第3弾(6月11〜7月1日)はTシャツやショートパンツなど盛夏商品をアピールする。

 期間中、「StyleHint原宿」にある240台の全ディスプレーで、今田さんの着こなしやスペシャルムービーを発信する。店内にはSNS投稿用のフォトブースも設けている。また、15日は今田さんが1日店長として接客も実施した。キャンペーン立ち上げにあたり、「プレスルームに足を運んで、多くの春夏商品の中からテーマに合うスタイリングを何度も試着をしながら選んだ」と今田さん。「お客さまに『ユニクロ』でこんな着こなしもできるのか、というように楽しんでいただける企画を目指した。まさにヒントが詰まっていると思う」と、岡野まかみStyleHint編集長。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら