ファッション

「サマンサタバサ」から環境に配慮した新ライン アンバサダーに矢野未希子

 「サマンサタバサ(SAMANTHA THAVASA)」は4月14日、環境に配慮したファッションの新ライン“サマンサグリーン バイ サマンサタバサ(SAMANTHA GREEN BY SAMANTHA THAVASA 以下、サマンサグリーン)”を発表した。「自然体の心地よさ(Find Ethical Fashion for green)」をコンセプトに、オーガニックコットンなどの天然素材や、キュプラなどの再生素材をはじめ、廃棄される食品を染料に用いた素材などを使用したウエアや雑貨を打ち出す。

 ラインアップは植物や廃棄される予定だった食品を使って染色したオーガニックコットンのTシャツやコーヒー染めのTシャツ(各税込6050円)やワンピース(1万5400円)のほか、再生素材を用いたシャツワンピース(1万8700円)、バッグはオーガニックコットンのトート(2万2000円)、抗菌作用があって土に還る素材を使用したiPhoneケース(7150円)など。商品には「リサイクル(Recycling)」「オーガニック(Organic)」「草木染め(Plant dyeing)」「地球に優しい(Eco Friendly)」の4種類のマークの中から、該当する内容を示す。

 デビューを記念して、ポップアップストアを名古屋、札幌、東京・有楽町で開く。5月1~16日に名古屋パルコと札幌パルコ、5月10~31日に有楽町マルイを予定。名古屋パルコと有楽町マルイの内装デザインは、堀田健一郎率いるヴィジュアル・マーチャンダイジング・スタジオ(VMS)が手掛ける。

 またブランドアンバサダーには、雑誌「ヴェリィ(VERY)」(光文社)のカバーモデルの矢野未希子を起用し、ビジュアルのスタイリングは辻直子が担当した。

■“サマンサグリーン”ポップアップストア 名古屋パルコ
会期:5月1〜16日
場所:名古屋パルコ 1階 ポップアップスペース
住所:愛知県名古屋市中区栄3-29-1

■“サマンサグリーン”ポップアップストア 札幌パルコ
会期:5月1〜16日
場所:札幌パルコ 1階 展示スペース
住所:北海道札幌市中央区南1条西3-3

■“サマンサグリーン”ポップアップストア 有楽町マルイ
会期:5/1(土)~5/16(日)
場所:有楽町マルイ 1階 ポップアップスペース
住所:東京都千代田区有楽町2-7-1

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら