ファッション

8期連続で赤字見込みのサマンサタバサ、親会社のコナカに統合 6月に上場廃止へ

東証グロース上場のサマンサタバサジャパンリミテッドと親会社のコナカは、株式交換による経営統合に向けての協議・検討について基本合意したと発表した。サマンサは2024年2月期に8期連続の赤字(純利益ベース)の見込みで、上場基準に抵触することがほぼ確実だった。株式交換による完全子会社化により、経営再建を加速する。4月中旬の経営統合の最終決議、5月下旬の株主総会を経て、6月27日に上場廃止の予定だ。

1994年設立のサマンサは創業者の寺田和正氏の国内外の大物セレブや人気読モを起用したマーケティングで成功を収め、一世を風靡した。19年9月にコナカが資本参加したあとはコナカの下で経営再建を図っていた。現在の資本構成はコナカが59・09%を所有し、創業者の寺田和正氏も16.78%を所有している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。