ビューティ

サマンサタバサが医療従事者にボディトリートメントを寄付

 サマンサタバサジャパンリミテッド(以下、サマンサタバサ)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、最前線の現場で働く医療従事者・病院勤務者を対象にボディトリートメントを寄付する。4月16日に公式インスタグラム上で募集をかけると、3000本以上の応募があり、今後要望に応えられるよう最大5000本の寄付を予定しているという。同社は「サマンサ女子一同、いま何かできないかと毎日模索する中で、1日中最前線で長時間の立ち仕事をされている医療従事者・病院勤務者の方々へ、同じ女性として感謝の気持ちを贈りたいと」とコメントしている。

 寄付されるボディトリートメントは2019年3月に、サマンサタバサの設立25周年で立ち上がった「サマンサタバサ ビューティ プロジェクト」の一環で発売した。立ち仕事で足に負担がかかるショップスタッフの意見などを反映した製品だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら