ファッション

ロンハーマンの2021年春夏  “ほっこり”しない「草木染め」と「デニム」で気分が上がるサステナ提案

 ロンハーマン(RON HERMAN)の2021年春夏は、“Dreame Together(一緒に夢を見よう)”をキーワードに、ファッションの楽しさを再確認できる色鮮やかなアイテムを打ち出す。

 ロンハーマンでは通年で色柄モノを多くそろえるが、今季は「(ファッションの)“自由”は“責任”を伴う」として、環境に配慮した草木染めやオーガニックコットン、“アップサイクル”をコンセプトにした買い付け品や別注品などがそろう。

 「フィルメランジェ(FILMELANGE)」に別注して販売していた7800円のカットソーを、オーガニックコットンと草木染めに仕様変更して9000円で発売。「エブール(EBURE)」には、カサブランカで染めたプリーツスカートや、アジサイで染めたワンピースなどを別注した。草木染めと聞くと“ほっこり”した色味をイメージするが、どれも鮮やかで洗練された落とし込みがポイントだ。

 素材や生産工程にこだわったデニムアイテムも強化する。福田円バイヤーは「手持ちのジーンズに、さらに加えてほしい1本をそろえた」として、「ヤングアンドオルセン(YOUNG & OLSEN)」に別注したオーガニックコットンジーンズや、サイモン・ミラー(Simon Miller)が21年春夏にスタートするサステナブルブランド「サンセット メーカーズ(SUNSET MAKERS)」のアップサイクルジーンズなどを日本で独占販売する。

 過剰在庫回避のために、予約販売を兼ねたイベントも多く予定する。これまで「ジュエリーは3カ月待てるが、洋服や雑貨はすぐに欲しいという声が多かった。その流れが変わってきている」として、「ヤングアンドオルセン」のデニムや「アヴァケーション(A VACATION)」のバッグなどのイベントを企画する。

 今季のサブテーマを“雑誌の中に入り込む”として、海外雑誌2誌とコラボレーション。かつて自身のブランド「タクーン(THAKOON)」や「バリー(BALLLY)」「タサキ(TASAKI)」などを手掛けていたタクーン・パニクガル(Thakoon Panichgul)によるプロジェクト兼雑誌「オムガールズ(HOMME GIRLS)」のテーラードジャケットやシャツ、パンツなどでロンハーマンでは珍しいメンズライクなスタイルを打ち出す。

 さらに元「コンデナスト・トラベラー」のクリエイティブディレクターとしても活躍したヨランダ・エドワード(Yolanda Edwards )創刊の旅行雑誌「ヨーロージャーナル(YOLO JOURNAL)」のビジュアルやイラストを落とし込んだTシャツや雑貨なども雑誌と併せて販売する。

 5月に開設した自社ECについては「販売する商品が高価格帯のため、売れ筋もお客さまの層も実店舗とほぼ同じ」。価格を抑えることがセレクトショップのEC成功の施策の1つとも言われているが、コロナ禍でもECと店舗併せて前年を上回る売り上げを維持する。2021年春夏は、店舗とECともに扱う商品量は大きく変えずに、環境に配慮した商品提案に重きを置くことで、サステナビリティへの取り組みを強化する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら