ビューティ

資生堂がヘアサロン発のサステナブル活動を推進  ヘア製品・化粧品の空き容器を回収

 資生堂はテラサイクルジャパンと協働し、グローバルプロフェッショナルブランド「資生堂プロフェッショナル」のヘア商品や資生堂化粧品の使用済み容器をリサイクルする取り組み「資生堂プロフェッショナル サロンリサイクルプログラム」を行う。資生堂グループ子会社である資生堂美容室の6店舗で回収する。期間は2021年1月1日〜6月30日まで。

 「美しさとは、見た目の美しさだけではなく、どう振る舞い、どう感じるか。」という同ブランドの信念の下、ヘアサロン発のサステナブル活動として推進し、美しい地球環境を実現するのが狙い。プログラムのメッセージである“DO BEAUTIFUL TOGETHER CARE FOR OUR EARTH”は「自分の髪をいたわるように、私たちを育んでくれる自然を慈しむ。」という思いを込めている。

 資生堂美容室店頭に回収ボックスを設置。回収したヘア商品や資生堂の化粧品の使用済み容器は、テラサイクルにより新しい資源にリサイクルする。空容器を持参した人には、独自のポイント制度“資生堂プロフェッショナル グリーンポイント”を付与し、ポイント数に応じておすすめ商品のサンプルや新製品のお試し体験を提供する。全6ポイントのスタンプを全て集めると美しい地球のイメージが完成するデザインが完成し、この活動をより楽しんでもらえる工夫が施されている。

 また、回収した空き容器のリサイクル費用の一部は、テラサイクルポイント(1ポイント=1円)として、国際NGOウォーターエイドへテラサイクルを通じて寄付される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら