ビューティ

「アルティミューン」からハンドクリーム誕生 外的ダメージから守り滑らかな手肌へ

 資生堂は12月1日、グローバルブランド「シセイドウ(SHISEIDO)」を代表するスキンケアシリーズ“アルティミューン”から、“パワライジング ハンドクリーム”(2000円)を発売する。コロナ禍においてアルコール消毒が常用となり、ハンドクリームの需要が高まったことからスピーディに開発。国内の百貨店を中心とする約380店と、ブランドサイト、同社の総合美容サイト「ワタシプラス」で販売する。

 “7.1秒に1本売れている”人気のベストセラー美容液“アルティミューン パワライジング コンセントレート N”だが、ハンドクリームにも“アルティミューン”の特徴である、乾燥などの外的ダメージから肌を守り滑らかに導く効果と、心地よい香りを踏襲。また、美容液に搭載しているイミューンジェネレーションテクノロジーに加え、花粉やちり・ほこりなどの空気中の微粒子の付着を防ぐ新技術、マルチディフェンスシールドを加え、手洗いやアルコール消毒によって乾燥する手肌を美しく保つ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら