ファッション

ロンハーマンの2020-21年秋冬 “無染色”や“自然界の色味”をまとう心地よさ

 ロンハーマン(RON HERMAN)の2020-21年秋冬は、ウールからカシミヤ、オーガニックコットンまで素材によって色味の異なる“無染色”のアイテムをベースにしたトーン・オン・トーンのスタイリングを8月末の立ち上がりから提案する。

 これらを軸に9月中旬には、藍染めやネイビーカラーで構成した“インディゴ”のアイテム群を投入。さらに10月には、アウターやワンピースなど明るい“ピンク”のアイテムを加えることで、シーズンを通してわくわく感と鮮度のあるMDを計画する。

 強化アイテムは、薄手から厚手までバリエーション豊富にそろえたニットとコート。特にニットは、19-20年秋冬から日本で独占販売しているオランダ発の「エクストリーム カシミア(EXTREME CASHMERE)」を強化。20-21年秋冬はカーディガンやパンツなど別注品7型をオーダーした。コートは「オーラリー(AURALEE)」「デミリー(DEMYLEE)」「エブール(EBURE)」など人気ブランドとの別注のほか、メキシカンパーカのみを扱う日本ブランド「メキパ(MEXIPA)」のウィメンズコレクションを独占販売する。

 また、今季からミンクを使用した商品の販売を中止する。サステナビリティへの取り組みをさらに強化していきたいというが、福田円バイヤーはあくまで「『素敵な商品を手に取ったら、実は動物や環境にも優しいものだった』という“押しつけがましくない”提案を大切にしていきたい」と語る。

 また新型コロナウイルスの影響に関しては、海外商材の納期遅れの可能性があるため「国内の商品を先に展開するなど、臨機応変に対応していきたい」と説明。ロンハーマンでは、緊急事態宣言が解除された直後の5月28日にオンラインストアを開設したが、「想像以上に新規のお客さまの獲得につながっている」と語る。当初は、実店舗の売上高減少の懸念もあったというが「店で気になった商品を週末にECでご購入されたり、事前にECで気になった商品を店舗に見にきてくださったりと、相乗効果を実感している」と手ごたえを感じている。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら