ファッション

目指すは廃棄ゼロ アディダスの循環型デザイン戦略の全てをキーマンが語った

有料会員限定記事

 いま企業には“作って売ったらおしまい”の直線的なビジネスから、回収やリサイクル、土に還る生分解性素材の利用など使用済み商品を循環させる仕組みへの転換が求められている。サステナブルなデザインの理想形は、廃棄ゼロで循環する“ループ(切れ目のない輪)”をつくること。そのための技術開発が世界中で行われており、その先進企業の一つがアディダス(ADIDAS)だ。同社は全商品においてこの“ループ”を完成させるために3つのコンセプトを掲げる。①リサイクル素材の利用、②再利用できるデザイン・製造、③生物資源の利用――だ。これが本格稼働すれば、アパレルやスポーツの産業構造自体を変える可能性がある。それほどインパクトの大きい新しい考え方であり、ビジネスの仕組みだ。ループ戦略を推し進めるジェームズ・カーンズ(James Carnes)=グローバル ブランド戦略バイスプレジデントにオンラインインタビューを行った。8月31日号に収めきれなかったインタビュー全文を紹介する。

この続きを読むには…
残り4191⽂字, 画像15枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら