ファッション

「無印良品」で売れているリモートワークに役立つアイテム

 新型コロナウイルス拡大の影響でリモートワークが定着しつつある。4月7日の緊急事態宣言発令後の、リモートワーク関連の売れ筋を「無印良品」に聞いてみた。大人だけでなく子どもも休校のため、デスクやテーブルの需要が高まっているという。中でも、“折りたたみテーブル(幅160cm、オーク材)”(税込2万5900円)は折り畳んで省スペースに収納でき、ダイニング用としてだけでなくワークデスクとしても使えるため人気が高い。

 長時間座って仕事をするため、“ワーキングチェア”(税込1万2900円)の売れ行きが好調だ。このチェアの特徴は、自宅での使用を考えた靴を脱いで使いやすい座面高(39〜49cm)で、昇降機能があるので大人用・子ども用を問わないという点。“ウレタンフォームシートクッション角型(杢チャコール)”(税込1490円)も、椅子の座面や背当て用として売れている。コードレスで使用できる“手元をてらすリビングライト”(税込8890円)もリモートワークで売り上げが伸びている。

 仕事をしながら香りを楽しめてリラックス効果がある“ポータブルアロマディフューザー”(2990円)も売れ行きが好調だ。水を使わず、内蔵充電池のためコードレスで使用でき、自宅やオフィスではU S B電源でも使用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら