ファッション

「無印良品」で売れているリモートワークに役立つアイテム

 新型コロナウイルス拡大の影響でリモートワークが定着しつつある。4月7日の緊急事態宣言発令後の、リモートワーク関連の売れ筋を「無印良品」に聞いてみた。大人だけでなく子どもも休校のため、デスクやテーブルの需要が高まっているという。中でも、“折りたたみテーブル(幅160cm、オーク材)”(税込2万5900円)は折り畳んで省スペースに収納でき、ダイニング用としてだけでなくワークデスクとしても使えるため人気が高い。

 長時間座って仕事をするため、“ワーキングチェア”(税込1万2900円)の売れ行きが好調だ。このチェアの特徴は、自宅での使用を考えた靴を脱いで使いやすい座面高(39〜49cm)で、昇降機能があるので大人用・子ども用を問わないという点。“ウレタンフォームシートクッション角型(杢チャコール)”(税込1490円)も、椅子の座面や背当て用として売れている。コードレスで使用できる“手元をてらすリビングライト”(税込8890円)もリモートワークで売り上げが伸びている。

 仕事をしながら香りを楽しめてリラックス効果がある“ポータブルアロマディフューザー”(2990円)も売れ行きが好調だ。水を使わず、内蔵充電池のためコードレスで使用でき、自宅やオフィスではU S B電源でも使用できる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。