ファッション

アルマーニ、9月にメンズ、ウィメンズをショー発表

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」と「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」は、メンズとウィメンズの各ショーを9月に行うことを明らかにした。コレクションの発表方法についてはまだ計画段階にあるという。

 「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」のショーも2021年1月に延期される。ショーの開催地はこれまでのパリではなく、同ブランドが本社を構えるミラノのパラッツォ・オルシーニ(Palazzo Orsini)で開催される。なお、コレクションは秋冬と春夏を織り交ぜたシーズンレス形式となる。パラッツォ・オルシーニは1996年にジョルジオ・アルマーニが購入したミラノのボルゴヌオーヴォ通りに位置する17世紀の建造物で、2019年6月には「ジョルジオ アルマーニ」20年春夏メンズ・コレクションも開催した。

 また6月からは、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」の顧客に向けて予約制でアトリエをオープンし、これまでのデザインを見学できる機会を設けるという。

 一方でイタリア・ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana)は4月6日、初のミラノ・デジタル・ファッション・ウイークを7月14〜17日に開催することを明らかにしており、そのほか各地のファッション・ウイークでも日程の延期やキャンセル、デジタル化など調整の動きが見られる。

 ゲストデザイナーとして「サカイ(SACAI)」の阿部千登勢を招いた「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」も、今年7月に予定していたオートクチュール・コレクションの発表を21年1月に延期する。同じく7月に52年ぶりのクチュール発表を予定していた「バレンシアガ(BALENCIAGA)」も1月への延期を示唆している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら