ファッション

アルマーニ、9月にメンズ、ウィメンズをショー発表

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」と「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」は、メンズとウィメンズの各ショーを9月に行うことを明らかにした。コレクションの発表方法についてはまだ計画段階にあるという。

 「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」のショーも2021年1月に延期される。ショーの開催地はこれまでのパリではなく、同ブランドが本社を構えるミラノのパラッツォ・オルシーニ(Palazzo Orsini)で開催される。なお、コレクションは秋冬と春夏を織り交ぜたシーズンレス形式となる。パラッツォ・オルシーニは1996年にジョルジオ・アルマーニが購入したミラノのボルゴヌオーヴォ通りに位置する17世紀の建造物で、2019年6月には「ジョルジオ アルマーニ」20年春夏メンズ・コレクションも開催した。

 また6月からは、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ」の顧客に向けて予約制でアトリエをオープンし、これまでのデザインを見学できる機会を設けるという。

 一方でイタリア・ファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana)は4月6日、初のミラノ・デジタル・ファッション・ウイークを7月14〜17日に開催することを明らかにしており、そのほか各地のファッション・ウイークでも日程の延期やキャンセル、デジタル化など調整の動きが見られる。

 ゲストデザイナーとして「サカイ(SACAI)」の阿部千登勢を招いた「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」も、今年7月に予定していたオートクチュール・コレクションの発表を21年1月に延期する。同じく7月に52年ぶりのクチュール発表を予定していた「バレンシアガ(BALENCIAGA)」も1月への延期を示唆している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。