ファッション

「ワイアード」が「ワイアード ユニバーシティ」を開講 “2020年代に必要とされる基礎教養”をオンラインで講義

 コンデナスト・ジャパンが発行する「ワイアード(WIRED)」の日本版ウェブサイト「WIRED.jp」は新たな取り組みとして、変化の激しい2020年代に必要とされる基礎教養を学ぶ「ワイアード ユニバーシティ(WIRED UNIVERSITY)」をオンラインで開講した。

 3月13日発売の日本版「ワイアード」最新号では、未来を読み解き実現する力を取り上げた「FUTURES LITERACY 2020年代の必須科目30」を特集。その中で“2020年代の基礎教養20”として20人の講師が登場し、それぞれ紹介している。

 オンラインの「ワイアード ユニバーシティ」では、誌面で紹介しきれなかった「FUTURES LITERACY」の全貌に迫るだけでなく、本誌には登場しない新たな講師も迎えながら、なぜいまそれらの学問が必要とされるのかを掘り下げる。

 4月1日に配信された第1弾では、東京工業大学未来の人類研究センターのセンター長でもある伊藤亜紗を講師に迎え、なぜいま「利他学」が基礎教養になり得るのかを、松島倫明「ワイアード」日本版編集長がインタビューした。6日の第2弾ではドミニク・チェン早稲田大学文化構想学部准教授による「発酵メディア学」を、8日の第3弾では横石崇&Co.代表取締役による「リモートワーク学」を配信する。それ以降の講義も順次配信予定だ。なお、約15分間の各講義動画はユーチューブチャンネルやツイッターで公開される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら