ビジネス

若手はアーティストも起業家も似ている エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年10月23日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

若手はアーティストも起業家も似ている

 先週末は、「ボス(BOSS)」のイベントで上海に赴き、現地で同ブランドの2020年プレ・フォール・コレクションを拝見しました。東京では春夏が終わったばかりですが、業界は早くも次のシーズンに向け歩みを進めています。

 ショー同様に面白かったのが、同ブランドがサポートするアジアの新進アーティストによる展覧会でした。今回は中国、台湾、フィリピン、そしてベトナムという4カ国のアーティストが参加。個々には市内の美術館の1フロアを貸し与えます。ユニークなのは、4者4様ながら、いずれも1つのアートに留まらず、絵画やインスタレーション、映像などを駆使して、メッセージを多面的・多角的に伝えようとしていることでした。

 例えばベトナムのアーティストによる空間は、数十枚の絵画からスタートします。一連のアートはいずれも第二次世界大戦中、国土が日本軍に占領されていた時代の兄弟を描いていますが、序盤は淡い水彩画、植物が無数に垂れ下がったインスタレーションの先にはショートフィルムといった具合です。台湾のアーティストは、写真、カリグラフィー、彫刻、映像、そしてインスタレーション。そこに日本の若手アントレプレナー(起業家)との共通点を感じました。

 私たち年配者(苦笑)は、新しい領域になかなか踏み出すことができません。踏み出すことができたとしても、挑戦するのは大抵“となりの領域”。水彩画家が油彩に挑む程度のモノでしょう。でも今のアーティストは水彩画のかたわら、映像を作ってしまう。そこに、例えばアカウント運用からプライベートブランドの開発、さらにバーチャルインフルエンサーの育成など「なぜ、次はソレを!?」と思わずにいられない若手アントレプレナーとの共通点を感じるのです。

 彼らは、「餅は餅屋」という感覚で、友人にアドバイスを請うことを恐れません。ゆえに、未知の領域に対する恐怖心が希薄で、ボーダーラインを軽やかに跳躍できている感覚です。というか、彼らにはボーダーラインなんて存在していないのかも。「どうして、そんな未知の領域にトライできるの?」と聞いてみたら、「え?コレって未知ですか?どうしてトライできないんですか?」と素朴な顔で返されてしまいそうです。

 余談ですが、4組のアジア人アーティストのうち2組は第二次世界大戦を見つめていました。今、この時代、このトピックスに触れるのは、とても勇気がいることです。その勇気を頼もしく思うと同時に、70余年が経過しても消えない傷跡の深さに責任を感じた次第です。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら