ファッション

「クロエ」がジェンダー平等を目指してユニセフとパートナーシップ ケイティ・ホームズらがアンバサダーに

 「クロエ(CHLOE)」とユニセフ(国連児童基金)は、ジェンダーの平等を前進させることを目的に3年間のパートナーシップを結んだ。これにより、「世界の650万人の少女たちが雇用を得られるよう、スキルを身に付けることを目指す。ボリビア、ヨルダン、モロッコ、セネガル、タジキスタンなどの国で、デジタル技術や起業家能力の育成を促進する」。3月8日の国際女性デーに合わせて“GIRLS FORWARD”キャンペーンを行うと共に、アンバサダーに女優のケイティ・ホームズ(Katie Holmes)、ルーシー・ボイントン(Lucy Boynton)が就いた。

 同キャンペーンに合わせて、Tシャツ(4万7000円)、ブレスレット(2万1000円)、ネックレス(3万9000円)を、6日からECと日本を含む6カ国の直営店で販売する。売り上げの全額をユニセフに寄付する。

 アンバサダーに選ばれた2人は、ソーシャルメディアを通じ、ジェンダー平等を目的としたユニセフのプログラムをサポートする。同キャンペーンは、1952年に「クロエ」を創業したギャビー・アギョン(Gaby Aghion)の「女性にありのままの自分でいる自由をもたらす」の精神に共鳴するもの。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら