ファッション

乳がん克服者がウォーキング ピンク色のクリスマスイベント開催

 大阪発のセレクトショップのイザ(IZA)は19日、乳がんと闘う女性らを応援するチャリティーイベント「イザ ピンク クリスマス2019」をザ・リッツ・カールトン大阪で開催した。今年で13回目。乳がんの啓蒙活動、ピンクリボンからスタートして、年々その規模を拡大。現在は動物愛護や、妊産婦・胎児の命や健康も考えている。

 メインイベントは、乳がんを乗り越えた女性たちのファッションショー。前回同様、大阪文化服装学院とコラボレーションして、学生が女性たちをスタイリングした。ドレッシー&エレガントが基調なスタイリングの中には、胸を隠すのではなく、自らを物語るアイデンティティーとして誇っているような提案も。前回、前々回もランウエイを歩いた経験者から、今年、乳がんと診断されて乗り越えた女性までのウォーキングには、顧客を中心とする来場者から惜しみない拍手が贈られた。

 このほか、モデルの冨永愛や福士リナが、イザの関連会社のグルッポタナカが代理店などを務める「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「ヌメロ ヴェントゥーノ(N 21)」「セルフ-ポートレート(SELF-PORTRAIT)」を着こなすファッションショーも行われた。「セルフ-ポートレート」は、デザイナーのハン・チョン(Han Chong)も来日。「素敵な場所にお招きいただき、本当に光栄」と、日本で初めてのランウエイショーの感想を述べた。

 トークセッションでは、塚本香「ハーパーズ バザー(HARPER'S BAZAAR)」編集長や、杉本彩らが登壇。女性の権利獲得、動物愛護、妊産婦の健康を守る出生前診断などについて、来場者とともに考えた。チャリティーラッフル(有料のチケットを購入して参加するクジ引き大会)などの売り上げ200万円弱は、こうした問題を支援するNPO法人などに寄贈されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら