ファッション

「ラフ・シモンズ」が新ライン“(ランナー)”をスタート 10日後のショーでお披露目

 「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」は2020-21年秋冬シーズン、新ライン「ラフ・シモンズ (ランナー)(RAF SIMONS (RUNNER))」をスタートする。ファーストシーズンは、全8スタイル。1月15日(パリ時間)に開催する、同シーズンのランウエイショーでお披露目する。店頭に並ぶのは、今年の6~9月の予定だ。

 コレクションは、機能性を追求しながら、従来のスポーツウエアとは一線を画したシルエットを持つという。それぞれのモデルには、「SOLARIS」「ANTEI」「CYLON」「ORION」そして「2001」などの名前を付し、前向きな未来志向を表現。素材には、レザーやスエードなども登場する予定。ラフ・シモンズらしい、強いカラーパレットも特徴になりそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら