ファッション

スノーピーク副社長は32歳の若き“3代目” “バランスのいい右脳と左脳”で未来を担う【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 スノーピークは1958年の創業以来、アウトドア用品の開発を中心に行ってきた。創業者の息子で“2代目”の山井太(現社長CEO)がキャンプ用品を開発すると、車を拠点にキャンプを楽しむ“オートキャンプ”ブームでビジネスを一気に拡大。現在は山井梨沙副社長CDOが“3代目”としてさらなる新規顧客獲得を目指している。同氏はもともとファッション業界を志していたものの、「洋服で文化を作りたい」という思いで2012年に同社に入社。14年にアパレル事業を立ち上げると、現職に就いた現在も地方産地に着目した “ローカル ウェア”や自身の名を冠したブランド「ヤマイ」を企画するなど、洋服や体験を通じてビジネスの裾野を広げている。「代々商売人の家系」と話す山井副社長は、スノーピークをどう導いていくのか。

WWD:副社長に就任した2019年を振り返ってどうだった?

山井梨沙スノーピーク代表取締役副社長CDO(以下、山井):副社長として会社全体を見るようになり、今までの自分になかった視点が生まれた。会社としては海外進出やアパレルブランド「ヤマイ」の立ち上げなどの新規事業にチャレンジし、われわれの目標である“体験価値を提供する”ことがどうすればできるかを、体験事業を掘り下げながら考えた1年だった。1年で出張200日、うち海外60日でほとんど家にいなかったけれど(笑)。

この続きを読むには…
残り1551⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら