ファッション

ストリートを超えて、さらなる進化 多彩なコラボレーションを武器に世界で戦う【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 「レディメイド(READYMADE)」は2013年のスタート以降、多彩なコラボレーション力とミリタリーアイテムをアップサイクリングするコンセプトを掲げて、国内外でグングンと知名度を上げてきた。デザインはもちろん、細川自身が製作面でも手を動かすなど、長年培ったクリエイションはジャンルを問わず高く評価されている。昨年は「ディーゼル(DIESEL)」の「レッドタグ プロジェクト(Red Tag Project)」とのコレクションを発表したほか、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)や大友克洋の「AKIRA」、アーティストの村上隆ら、多岐にわたるコラボレーションを行った。キャッチーでクリエイティブな“バズる”ブランドを手掛ける細川雄太とは?

WWD:ブランド名「レディメイド」の由来は?

細川雄太「レディメイド」デザイナー(以下、細川):ブランド名はマルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)の「泉」(便器のアート)の概念(芸術作品として展示された既製品)から付けた。ただの便器をアートに見せるみたいに、見せ方を変えて違うモノとして見せるとか、一点一点に意味を持って作りたい。その洋服にメッセージ性も入れたくて、ミリタリーアイテムを解体してリサイクルすることで反戦の意味も込めている。僕自身、古着が好きで一点モノの古着を買い物しているときが一番楽しいから、「レディメイド」は通販もしないし、全部微妙に色が違うとか破れているとか、そういうことをすごく大事にしている。

この続きを読むには…
残り2084⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら