ニュース

「ディーゼル」のコラボプロジェクトに細川雄太が手掛ける「レディメイド」 250点限定全て1点もので販売

 「ディーゼル(DIESEL)」は、新世代のデザイナーを招いて「ディーゼル」のDNAを再解釈する「レッドタグ プロジェクト(Red Tag Project)」の第5弾として、細川雄太が手掛けるブランド、「レディメイド(READYMADE)」とのコラボコレクションをパリで発表した。

 大阪を拠点にする「レディメイド」は、反戦の意味も込めてビンテージのミリタリーアイテムを解体しアップサイクリングすることで知られるブランドだが、今回のプロジェクトで伝えたかったのは「環境保護」と細川。「繊維廃棄物が多く排出されていることを知り、『ディーゼル』のアイコンでもあるデニム生地をリサイクルして制作した。今回『ディーゼル』とコラボすることで、より多くの人に環境保護というメッセージを伝えたい」と語る。

 コラボは、「ディーゼル」創始者のレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)OTB会長が、「レディメイド」に興味を持ち、小木“POGGY”基史ファッション・ディレクターを介してアプローチしたことからスタートしたという。

 コレクションは複雑なパッチをあしらったウエスタン調のカラー付きジャケット、ユーティリティジャケット、ダッフルバッグ、キャップ、ウィメンズのテーパードレッグジーンズとメンズのワイドレッグジーンズの6アイテム250点だ。細川自らリメイクしたため、全て1点ものとなり、予定価格は約4万5000〜48万円。Gジャン1点に約6枚の古着を使用している。コレクションは2020年1月から日本の「ディーゼル」限定店舗などで販売する。

 「レッドタグ プロジェクト」は、これまで「フッド バイ エア(HOOD BY AIR)」の共同設立者でデザイナーのシェーン・オリバー(Shayne Oliver)や「ワイプロジェクト(Y/PROJECT)」でデザイナーを務めるグレン・マーティンス(Glenn Martens)、「GR ユニフォーマ(GR UNIFORMA)」を手掛けるゴーシャ・ラブチンスキー(Gosha Rubchinskiy)、「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」のサミュエル・ロス(Samuel Ross)を招へいしてきた。