ファッション

「ディーゼル」のデザイナーとのコラボプロジェクト第2弾は「Y/プロ」

 「ディーゼル(DIESEL)」は、世界的に影響力のあるデザイナーとコラボレーションするプロジェクト「レッドタグプロジェクト(RED TAG PROJECT)」の第2弾を19日に発売した。今回はグレン・マーティンス(Glenn Martens)「ワイプロジェクト(Y/PROJECT)」デザイナーを迎え、フリーサイズでユニセックスなアイテムを展開する。「ディーゼル」公式オンラインストアと一部セレクトショップで販売する。

 コレクションは“Go With The Flaw(完璧ではないからこそ魅力がある)”をコンセプトに、着用者それぞれが自由に着こなせるアイテムをそろえる。ウエストを極端に絞り、付け外しが可能なボタンやジッパーを施したデニムやスエット、レザージャケットを用意する。価格はデニムパンツが5万8000円、レザージャケットが43万5000円など。

 同プロジェクトは、「ディーゼル」とファッションコミュニティーとの交流を活発化させることが目的で、プロジェクト名の“レッド”はレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)=ディーゼル創始者のイタリア語で赤を意味する姓にちなんでいる。第1弾は、「フッド・バイ・エアー(HOOD BY AIR)」の共同設立者でデザイナーのシェーン・オリバー(Shayne Oliver)を迎えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら