ファッション

「ディーゼル」のコラボプロジェクト第1弾 シェーン・オリバーが解釈したデニム発売

 「ディーゼル(DIESEL)」は、影響力のあるデザイナーとコラボレーションするプロジェクト「レッドタグ プロジェクト(Red Tag Project)」の第1弾を発売した。第1弾は、現在休止している「フッド・バイ・エアー(HOOD BY AIR)」の共同設立者でデザイナーのシェーン・オリバー(Shayne Oliver)とコラボし、デニムアイテムを展開。「ディーゼル」公式サイトおよび一部セレクトショップで扱う。

 同コラボは、3月にパリで開催したパフォーマンスイベントで発表したもので、デニムとスポーツウエアという「ディーゼル」のシグニチャーをオリバーが再解釈し、過度なトレンド感を削ぎ落としたデザインが特徴だ。デニムパンツやデニムシャツ、デニムジャケットなど、すべてユニセックスでそろえる。

 同プロジェクトは、「ディーゼル」とファッションコミュニティーとの交わりを活発化させることを目的にしている。プロジェクト名の“レッド”は、レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)=ディーゼル創始者のイタリア語で赤を意味する姓にちなんでいる。第2弾のコラボ相手は「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」デザイナーのグレン・マーティンス(Glenn Martens)で、6月にイタリア・ミラノでコレクションが披露された。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら