フォーカス

「ディーゼル」が「Y/プロ」デザイナーとコラボした“不完全な”コレクションを披露

 「ディーゼル(DIESEL)」は影響力のあるデザイナーとコラボーレションを行う「レッドタグ プロジェクト(Red Tag Project)」の第2弾として、「Y/プロジェクト(Y/PROJECT)」デザイナーのグレン・マーティンス(Glenn Martens)と協業したカプセルコレクションを16日にイタリア・ミラノで披露した。

 アイテムはデニムのジャケットやパンツの他、シアリングジャケット、ブレザー、スエット、カットソーなどで、どれも裾やウエストが極端に小さく、サイドに施されたボタンやファスナーを開閉することで自由にフォームを変化させて着用することができる。「Y/プロジェクト」で大胆なシルエットを提案し続けるマーティンスならではのデザインが特徴だ。

 これらの一見奇抜なアイテムは、「ディーゼル」がブランドメッセージとして発信する“Go With The Flaw(完璧ではないからこそ魅力がある)”をベースにしており、ベーシックなアイテムにあえて不完全さを取り入れているという。「着る人が自分流に着こなすことができるコレクションを作ろうと思った。ジャケットのヘムラインやパンツのウエストバンドは、実際の服よりも7サイズも小さい。しかしシームのボタンを留めたり外したりして自由に着られる。見方を変えれば、このコレクションは実際にはフリーサイズかつジェンダーレスなんだ」とマーティンスは語る。プレゼンテーションでは人種や年齢がバラバラのモデルたちが自由なスタイリングで登場し、多様性をアピールした。今回のカプセルコレクションの発売時期は未定。

 「レッドタグ プロジェクト」は今年3月にスタート。“レッド”はレンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)=ディーゼル創始者の姓にちなんでおり、第1弾は「フッド バイ エア(HOOD BY AIR)」共同設立者のシェーン・オリバー(Shayne Oliver)と協業したコレクションをパリで発表した。同プロジェクトは今後も継続する予定だという。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら