ファッション

本物?偽物? 「ディーゼル」が「デイゼル」をNYにオープン

 「ディーゼル(DIESEL)」は2月8〜13日、「ディーゼル」の“偽物”を売るショップ「デイゼル(DEISEL)」をニューヨークのキャナル・ストリートにオープンした。キャナル・ストリートは、テント型の路面ショップが軒を連ね「グッチ(GUCCI)」や「プラダ(PRADA)」「ロレックス(ROLEX)」などのブランドの偽物が売られていることで知られる通りだ。この「デイゼル」ショップもテント型の路面店で、他の偽物を売るショップに紛れるように設置された。

 「ディーゼル」はこのようなショップを設置した理由を「他の偽物を売るショップと同じような外装と内装で、接客も似せるから、何も知らない通行客はすぐに気づかないかもしれないが、『デイゼル』で売っているものは全て『ディーゼル』のデザインチームが“偽物”っぽく作った“別物”だ。このユニークなスタイルを挑戦した人をしっかりと録画できるようにカメラも設置してある。ブランドのファンと楽しくコミュニケーションし、見た目に欠陥があっても、好きなものを着ることを応援したい。好きなものを着るのは究極の個性と自信だからだ」と説明する。

 “偽物”ショップで売られる限定コレクションは“DEISEL”のロゴがプリントされたTシャツ、スエット、帽子などを用意。また、限定のデニムやライフスタイルアイテムも登場する。限定コレクションは“ノックオフ(Knock-off)”(スラングでノックオフは“偽物”という意味がある)されるほどの破格で販売するという。もしここでゲットできなくても、「2月13日から『デイゼ・・・』ではなく『ディーゼル』の公式ECサイトで販売する」ようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。