ビジネス

ディーゼル新CEO、ついに決まる

 ディーゼル(DIESEL)は同社の最高経営責任者(CEO)に、マルコ・アニョリン(Marco Agnolin)を指名した。同氏は1月に就任する。ディーゼルのCEOは4月にアレッサンドロ・ボリオーロ(Alessandro Bogliolo)が退任し空席のままだった。なお、ボリオーロ前CEOは10月にティファニー(TIFFANY & CO.)のCEOに就任している。

 「ザラ(ZARA)」を擁するインディテックス(INDITEX)の「ベルシュカ(BERSHKA)」で7年間経験を積んだアニョリン新CEOは「私の人生はある一つのブランドに憧れ、ずっとインスパイアされてきた。そのブランドが『ディーゼル』だ。そんなブランドに参加できることをうれしく思う。『ディーゼル』の新たな章を担うことを楽しみにしている」とコメントした。

 また、レンツォ・ロッソ(Renzo Rosso)ディーゼル創始者は、「マルコを幹部に迎えることができたことを誇りに思う。彼はファッション業界において世界で最も才能のあるエグゼクティブの1人で、以前から目をつけていた人物だ。彼の経験とパーソナリティーはブランドのビジョンとマッチしており、『ディーゼル』を成功に導いてくれるだろう」と話した。

 ディーゼルは再編計画の最中で、ニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)が4年間務めたアーティスティック・ディレクターを退任することが18日に発表されたばかり。また、「ディーゼル」はその親会社のOTBの売り上げの約60%を占める中核ブランドだが、2016年はヨーロッパとアメリカ、それに香港のビジネスが不調で初めて赤字に転落した。これを受けOTBは、「ディーゼル」のポジショニングを変更。2億ユーロ(266億円)程度の減収を覚悟の上で卸先を厳選する改革を進めている。16年度の売り上げは、約9億6000万ユーロ(約1276億円)だった。またロッソ創始者は、息子のステファノ・ロッソ(Stefano Rosso)を北米担当のCEOに任命し、強化を図っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。